試作機

5687pp


  
5687は,黎明期のコンピュータに使われたパルス管です.
球は12AX7や12AU7などと同じ大きさのMT型の双三極管です.
ただし,ヒータは6.3v0.9Aと大きく,6V6の2管分,つまり倍もあります.

このアンプも,かなりいい加減に作っても,あまりハムも出ず,そこそこの音質が得られます.
約 50 年ほど前に,小型管の太田と称された先達の発表で知り,中古管を集めました.
何せ,Ep-Ip特性曲線を見ると,古典直熱三極管UX71Aに勝るとも劣らぬ優れものです.

しかも,当時中古ならば\300 程度と手頃です.
現在でも \1500 程度で入手が可能と思います.

整流を半導体とすればよりコンパクトにできますが,整流管を使おうとすると,
その選択(その自由はほとんどありません)には苦労するかもしれません.

これまで,pp で 3W 出力のアンプをこの Web 上で公開してきましたが,
出てくる音が今ひとつ気に入りませんでした.これではちょっとね,という音です.

そこで,片側の配線を外してみました.
特性は MT 管としてはピカ一ですから,シングルでも歪みは問題有りません.
しかも,元がA級PPでしたので,反転後の片側の配線を単純に切りました.
出力トランスは,20kΩCT附きのCTをB電源に接続していましたので,
5kΩとして動作する事になります.

出力は 減りましたが,なんだか良くなったような気がします.3W → 1W

PP がダメだったのかな,入力トランス(10kΩ:40kΩ,タムラ)で位相反転もやってみましたが,
やはりどこかおかしい,何度聞いても音に納得がいきません.

こんな時はやはり測定,と言っても出力波形をオシロで見ただけですが,
よく見ますと,上下(+/―)の波形が違っているように見えました.

どうやら,バッタ物の 20kΩCT シングル用を PP―OPT に使ったためのようです.

教訓,やはり PP にはそこそこのトランスを使わなければいけない.

しかし,このトランスを捨てるのも忍びない,そこで,元々の用法であるシングルに改装をすることにしました.
5687 ならば,20kΩCT の 0―CT で 5kΩ,ジャストフィットです,20kΩ は?
もったいないので,1/2-12AU7 とのコンパチとすることにしました.

5687pp は 改めて タンゴの U15-8 で作ることにし,シャーシの設計を始めました.




W5Hsへ



試作機へ

ホームへ