オーディオ歴

悪魔のささやき



  オーディオと骨董カメラを趣味とする同級生で,現在顧問のM氏,自作のアンプ(3結無
帰還6CA7pp)を我が家に持ち込み,我が自慢のAU999(当時のサンスイ最高級アンプ)と比較試聴.

  ン.ンンんんん・・・・.

4万円の自作アンプの方が聞きやすい,低音も豊かで自然な聴感.

どうだ,どうだ        と迫られ,一言もなく完敗.

3ヶ月分の給料をつぎ込んだ自慢の機器と自信が脆くも崩れ去った.

  しかし,機械屋には自作は思いもよらない,
というか,当時は回路図中で理解できる記号は,抵抗単体のみであり,この抵抗やコ
ンデンサーなどが直列・並列にでもなろうものなら,エジプト象形文字楔形文字
と何ら変わるところがない有様でした.

  ここで,件のM氏曰く.

俺も機械屋だ! 回路図など読めなくても,実態配線図があるので,その通り作ればよろしい.

そうか! その手があるか,と思ったが,臆病な性格が災いして,やはり,多少は理論
を理解しないと自作に踏み切れない.

  そこで,武末一馬氏著の上下2巻を購入し,数ヶ月精読..通読  ..斜め読

     ・・・したつもり. 

  ぼんやりと理解したかな?の時点で自作に着手.

  これが,今日でも自作アンプに傾倒することになったきっかけである.

  ウーーーム,泥沼のごときオーディオの世界へ引きずり込んだ極悪人はこのM氏である.

  また,この後,自作を聞きつけた同じ職場のF教授は,時々この泥沼からはい上がろ
うとする??哀れな囚われ人を,泥沼の中から手招きをして,決してでることを許さず,
お互いに今日まであえいでいる有様となってしまった.




いよいよ自作へ



オーディオ歴へ

ホームへ